FC2ブログ
ハナモゲラの世界一周ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シレーナDAY1 
<日本・大阪府吹田市からの更新>
ついに日本へ帰って来ました。まだ旅行ブログは少しだけ続きますのでよろしくお願いします。


<<3月22日のブログ>>

今日からついに3泊4日のコルコバード国立公園シレーナ観光です。

コルコバード国立公園の中にいくつかレンジャーステーションがあり、その中で最も観光客が少なく、かつ希少動物と出会える確率が高い場所、それが「シレーナ」です。

そのシレーナを選んだ目的は、「バク」「ピューマ」を見るため。

野生の彼らに会うのはなかなか難しいらしく、今回オレはガイドも付けず(初日のみ数時間だけつきます)に行ってきます。果たして「バク」「ピューマ」は自力で見られるのでしょうか!?




朝8時にシエルペ村をボートで出発。マングローブが生い茂る川を40分程下ります。小型の船なのでなかなか揺れる。海に近付くと波にもまれて上下にバウンドするんですが、これがなかなか楽しい。波の合間を縫って
うまく川から海へと移り、そこから2時間ほどオサ半島を東へ。

P3260652.jpg
マングローブ林。

曇りがちの天気で途中少し雨も降るイヤな天気。海風と暑さで雨が止んだらあっという間に服も乾く。ひたすら太平洋と半島を眺める。


再び波間を縫って上陸。船着場なんてなく、ビーチに出来るだけボートを近づけ、ひざ上くらいの水位の場所からザブザブと歩いて上陸。

P3230018.jpg
到着したシレーナの浜辺。

他の欧米人の皆さんは1DAYツアーなので軽々歩いて行きますが、俺は食糧でいっぱいのバックパック+右手に6ℓの水のボトル&左手に2.5ℓのコーラ×2本。さらに前面にサブバックを抱えての上陸。これがなかなかしんどかった。

さらにここからレンジャーステーションまで40分。全部抱えての動物観察。一人だけ全身汗だくでレンジャーステーションに到着し、ようやく荷物を置いてさらにトレイルの奥へ。

案内してくれたのはかなり若いガイドのオスカー君。最初はかなり頼りないと思ったが、さすが!と思わせる遠くの鳥や動物を見つける能力。見つけてくれるのはもちろん嬉しいのだが、自分の動物発見能力の凡庸さに少し不安を覚えた。

ガイド付きで見つけた動物達です!!

P3230023.jpg
1:Crested Guan.

P3230025.jpg
2:Thicket Tinamou.

P4090770.jpg
3:Chestnut-mandibled Toucan(写真が撮れなかったため本のイラストより)

P3230036.jpg
4:Scarlet Macaw.

P3230040.jpg
5:Variegated Squirrel.(ブレてます)

P3230053.jpg
6:Collared Peccary.

P4090771.jpg
7:Black-throated Trogon(male). (写真が撮れなかったため本のイラストより)

P3230083.jpg
8:Rufous-tailed Jacamar.

P4090772.jpg
9:Red-backed Squirrel Monkey. (写真が撮れなかったため本のイラストより)

P3230061.jpg
10:Mantled Howler Monkey.

P4090773.jpg
11:Central American Spider Monkey. (写真が撮れなかったため本のイラストより)

P3230066.jpg
12:名称不明

P3230091.jpg
13:Hermit Crab.

ココまでガイド付きツアーで見つけた動物たちです。今だバク&ピューマには出会えず。それでも短時間で多くの動物を見られました。海岸で昼飯を食べて、ガイドと欧米人達は去って行きました。

ココからが本当のシレーナ観光スタート!ドキドキの一人歩きの開始です!

一人で歩く森は本当に静か。フッと足を止めて耳をすませば、聞こえてくる鳥の声、虫の声、風の音、波の音。ほんの少しの物音に敏感に反応してしまいます。初めは落ちる木の葉の音やトカゲが落ち葉を踏む音にもビックリしていました。


P3230113.jpg
14:名称不明。自力で初めて見つけた動物。

P3230145.jpg
15:Great Curassow.(右:female.左:male)

a_20110402151136.jpg
16:Tiger-Heron.

P3230148.jpg
Chestnut-mandibled Toucan.(自力で発見出来たのでもう一度)

P3230161.jpg
Central American Spider Monkey. (自力で発見出来たのでもう一度)

P3230178.jpg
17:White Ibis.

P3230186.jpg
Scarlet Macaw.ももう一度。

P3230190.jpg
18:Leaf-cutter ant.

自力でも注意してゆーっくり歩けばそこそこ見つかることが分かった。でもサルはガサガサ音がするから簡単に見られるし、鳥もトゥーカン以外は大きなものしか見つけられなかった。樹上の鳥たちを見つけるのはホントに難しい。

これでDAY1終了。レンジャーステーションの中でテント泊。火もないので晩御飯は冷たい缶詰と水で終了ですが全然苦にならない。3日くらい食生活崩れても体調崩れないのは分かってる。お腹いっぱいになれば十分。

レンジャーステーション内はもちろん水シャワー。18時には外が真っ暗になり20時には消灯。一日中歩き回った心地よい疲れで、消灯後図すぐに眠りに落ちました。


カセさんからの事前情報を基に、明日は朝4時起きでバクが川を渡るのを見に行きます。バク&ピューマは見れるのか?樹上の小鳥は見つけられるようになるのか?とりあえず明日も全力で探すのみです。

ではおやすみなさい。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://hanamogeraworld.blog118.fc2.com/tb.php/191-b13476c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。