FC2ブログ
ハナモゲラの世界一周ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マチュピチュ!!
<コスタリカ・サンホセからの予約更新>
これからしばらくは予約更新が続きます。1日1or2記事が毎日アップされる予定です。
3月末の帰国に向けブログもスピードアップしていきます。

<<2月17日「マチュピチュ村へ」もアップしていますのでどうぞ>>



<<2月18日のブログ>>

今日はついにマチュピチュ観光です!!そして何と今日2月18日は・・・

僕の24歳の誕生日!!!!


旅に出たときに、誕生日はどこで迎えるんだろうか?と思っていました。南米編の後半あたりやから、きっとペルーかエクアドルあたりだとは想像していましたが、南米最高の観光地マチュピチュ観光のその日が俺の誕生日になろうとは!!

しかし今ペルーは雨季。マチュピチュに行って来た人の話を聞くと、天候はいまいち。一日中雨が降り続いていて何も見えなかったーなんていう人もいました。

ボリビア・ウユニ塩湖に照準を合わせるとどうしてもマチュピチュはオフシーズンに当たってしまいます。

そんな俺のマチュピチュ観光&24歳の誕生日はどうなったのでしょうか!?!?




では写真中心でどうぞ!!

ワイナピチュというマチュピチュの隣の山に登るために朝は4時起き!!バスでマチュピチュの入口まで向かい、入場前にワイナピチュ入場許可スタンプをもらわなければいけません。先着400人いしか入れないという人数制限があります。


朝4時半過ぎにバスターミナルに並んだ時には既に長蛇の列!みんな朝早過ぎるでしょ!

5時半にバスが発車し始め、ついにマチュピチュの入口へ!


P2180002.jpg
歩いて登った人も加わってさらに長蛇の列!!しかも生憎の雨!!

P2180003.jpg
322番目で何とかワイナピチュ入場スタンプゲット出来ました!!

時間は希望通りにはいかず7~8時限定。でも入れるんです!!早起きして良かった!!数分後には400人の枠が埋まり、列をなしていた観光客からブーイングが起こっていました。

そしてついにマチュピチュの遺跡の中へ!

P2180005.jpg
ガスっててよく見えません!

P2180024.jpg
ウサギ?リス?

P2180029.jpg
まず遺跡をずーっと横切ってワイナピチュ入口へ向かいました。ここが入口。奥にぼやーっと見えているのがワイナピチュ。

P2180039.jpg
途中からかんなり急な登り。

P2180043.jpg
すると急に現れる石造りの建造物達。

P2180049.jpg
合っているのか半信半疑で細い岩の隙間を抜けると。

P2180059.jpg
ワイナピチュ山頂!やはりガスっていて全く何も見えず。

マチュピチュが見渡せる(であろう)場所で晴れるのを待ちます。昨日一緒にマチュピチュ村を目指した兄さん姉さんとユウタと4人で談笑。昔のグルジア・アルメニア・シリア事情を聞き、僕の行った時とはかなり違った印象を受けました。

P2180065.jpg
すると少しづつ空が開けていき・・・

P2180090.jpg
うっすらとマチュピチュ見えた!

ワイナピチュから見たマチュピチュはまるでミニチュア模型!さっきは霧の中で全く分からなかったマチュピチュの全貌をようやく把握できました!そして何より驚いたのがマチュピチュのある場所!かなり急な尾根の上に建っていて、その周りは川。さらにその周りは同じような切り立った山々に囲まれています!空中都市とはよく言ったものです!

そこで3時間ほど眺めていましたがスッキリ晴れることはなくって、10時半ごろにはまた雲が増え始めたため撤退。再びマチュピチュへと戻ります。

P2180096.jpg
下りがまた急で恐い!!

P2190111.jpg
マチュピチュに戻ってきたところで雨が強くなってきた。

P2190114.jpg
大きな岩の陰で雨宿りするおっちゃん。

ココで1時間ほど雨宿りしましたが雨は止まず。待っている間に多くの日本人の団体さんを見ました。雨の中でも熱心に解説する日本人ガイドに感心。少し雨が弱くなったところで全身ゴアテックスに身を包み雨のマチュピチュへと突っ込みます!

P2190126.jpg
発見者ハイラムビンガムさんが登って来た段々畑。

P2190125.jpg
マチュピチュの街の一番高い場所にある日時計。

P2190139.jpg
少し下った場所の神殿跡。右の方が崩れているのは下に断層が走っているからだそうで、つまりパワースポットてきな場所であった、と、日本人団体さんのガイドさんが解説していました。ほんまかいな。

P2190148.jpg
住居跡。石造りの壁がしっかり残っています。上の三角から屋根がかかっていたことが想像できる。

P2190153.jpg
身分の低いものは平らな屋根だった。石組も身分の高い家は均一な大きさの石だったのに対し、低いものの家は不揃いな石で造られています。

P2190181.jpg
コンドルの神殿。このVの字がコンドルの翼。地面にコンドルの頭もありました。

P2190189.jpg
水汲み場。かなりしっかりした水路がありました。

P2190192.jpg
太陽の神殿の石組は最も美しかった!

P2190202.jpg
正門


ここから少し登って行った所から「THE・マチュピチュ」の写真が撮れる場所があります。しかしまだ天気は雨。まだ展望もいまいち。この時点で14時。帰りの電車に乗るためには遅くとも4時にはバスに乗らないといけません。なので残りの2時間はここで晴れるのを待つことに決めました!

P2190213.jpg
リャマとマチュピチュ!合成ではありません。本物のリャマ。

P2190237.jpg
待つこと1時間!奇跡的に天気が良くなってきた!雨もやみ、ワイナピチュにかかっていた雲は晴れ、周囲の山々も見えてきた!!そしてついにあの風景が!社会の教科書や絵ハガキで腐るほど見たあの風景が目の前に広がってくれました!!!


P2190242.jpg
マチュピチュパノラマ!(クリックで拡大)

P2190261.jpg

P2190263.jpg

最高の景色!久しぶりに全力でガッツポーズしたくなりました!今までの雨がこの景色を感動的に見せる前振りであったかのような感動的な瞬間!!

コレが僕の24歳の誕生日の最高の誕生日プレゼントでした。この最高の景色を見れる誕生日。本当に本当に幸せだと思います。景色を見て泣くことはなかった僕ですが、いろんな感情が入り混じって、この旅初めて景色を見て泣きそうになりました。

P2190272.jpg
帰り際に顔を見せてくれたウサギ夫婦。

P2190284.jpg
段々畑。

P2190289.jpg
リャマ。

P2190293.jpg
少し低い所からのマチュピチュ全景。

P2190295.jpg
リャマとマチュピチュ②


これでマチュピチュ終了です!この後バスでマチュピチュ村に帰り、昨日食べたレストランのお姉ちゃんの勧誘に負けてダッシュでご飯を食べ、急ぎ荷物を抱えマチュピチュ駅へ。帰りはスナック付きの豪華列車に揺られながら帰ります。

P2190302.jpg
日本の温泉街のようなマチュピチュ村。

P2190306.jpg
豪華列車。


このあとオリャイタイタンボ駅~クスコ駅までのバスの中でヨルダン・ペトラと南アフリカ・ケープタウンで出会っていたアベせんと再会!!中東、アフリカ、南米と全然別の場所で3度もあってしまった!!

何度もいうけど世界は広いけど世間は狭い!

クスコからその日にリマへはいけないらしく、アベさんとキンちゃんっていうお連れさんに連れられてクスコの宿へ。もちろんユウタも一緒に。

P2190314.jpg
誕生日も祝ってもらっちゃいました。本当にありがとう!!


ユウタとも仲良くなれた。ユウキ君らとも再会したし、アベさんとも再会できた。しかも俺の誕生日に。あのマチュピチュで。なんとも不思議な運命を感じます。

みんな本当にありがとう。



そんなこんなで幸せなマチュピチュ誕生日も終了!明日はペルー・リマへ移動します!久しぶりの海だー!!
スポンサーサイト


コメント

一ヶ月遅れですが、
お誕生日おめでとうございます!!

そろそろ旅も終わりの方ですか?
今頃相棒の武藤君とも再会している頃でしょうか??

では良い旅を!!!
[2011/03/15 22:06] URL | ito eri #- [ 編集 ]

>eri itoさん
ありがとうございます!またひとつ爺さんに近づきました。

もう終盤ですよー!あと2週間!
シリアからさらに長い時間旅してしまいました。
相棒とは帰国前日に感動の再会を予定しています!
[2011/03/18 03:36] URL | ハナモゲラ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://hanamogeraworld.blog118.fc2.com/tb.php/156-2a64ecc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。