ハナモゲラの世界一周ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

113時間の超々長距離バス!!
<コスタリカ・サンホセからの予約更新>
これからしばらくは予約更新が続きます。1日1or2記事が毎日アップされる予定です。
3月末の帰国に向けブログもスピードアップしていきます。



<<2月21~26日早朝までのブログ>>


リマ少し高いお金を出し個室に泊まり、万全の体調&万全の準備にしたのはまさにこの為・・・。

自己最高超長距離バス!ペルー・リマ発~エクアドル&コロンビア経由~ベネズエラ・カラカスへ5泊6日の大移動!!


時間がないっていう事態には時に恐ろしい決断を迫られます。リマから車中5泊のダイレクトバスでカラカスに向かっても26日にしか到着しないですと?カラカスからのフライトは28日の朝。27に着く予定では不安。もうこのバスに乗るしかないスケジュールで、どう頑張ってもエクアドル&コロンビアを観光している時間はありませんでした。

美人の多いと言われるエクアドル&コロンビアをすっとばすのは実に惜しい!赤道博物館、ガラパゴス、コーヒー農園・・・本当に行きたかったが泣く泣く諦めます!

メキシコ&中米の国々が俺を待ってる!この南米の悔しさは中米にぶつければいい!



え?飛行機でカラカス向かったら余裕あるって?

南米の物価の高さに飲み込まれて、俺に全くそんな余裕はない・・・という深刻な問題。



そんなこんなで5泊6日超々長距離バス一気に行きます!

P2228426.jpg
ペルー・リマから北上中。砂漠。

P2228429.jpg
初日21日の夕焼け。雲は真っ赤に色づいてるのに、後ろの空は真っ青っていう不思議な夕焼け、まだペルー。

P2238445.jpg
DAY2。乗っていたバスはオルメーニョ社。エアコン、リクライニング、トイレ付。食事なし。アルゼンチンのバスより少しレベルが低いくらいのバス。

P2238446.jpg
休憩時に見つけたカッコいいモータータクシー。

P2238450.jpg
田園風景。まだペルー。

P2238455.jpg
14時頃ついにエクアドル入国!23カ国目!

P2238471.jpg
エクアドルはひたすらバナナ園が広がっていた。

P2238482.jpg
夕食時に撮った花。

暗くなったころにエクアドル第一の都市グアヤキル到着!この夜景を見ながら涙。焼肉屋で働いていた楽しい思い出が自分でもびっくりするくらいフラッシュバックしてきた。景色を見る以外にやることがないんで色々考えてしまいます。やはり思い出しても熱くなれるのは、頑張ってきた自負と色々な後悔があるから。旅から帰ったら真っ先に行きたい場所です。

夜中にキトに到着した時はほぼ夢の中。寝ボケながら僕の人生初南半球が終了しました。ケニア以来の北半球だなーと思いながら即就寝。DAY2終了。

P2238489.jpg
DAY3。朝起きると丘いっぱいに畑が広がっている。

P2248490.jpg
そして昼にエクアドル終了!エクアドルは小さかったなー。麻薬とマフィアと美女の国、コロンビア入国です!

P2248492.jpg
国境の川。

P2248499.jpg
コロンビアはひたすら緑に覆われた山!まっ直ぐ進むことなんてなく、山道を登ったり降りたりくねくねくねくね。標高差も確認しただけで500~3000m。

P2248512.jpg
夕方の雲。DAY3終了。



すこし休憩。

バスは1日に食事&休憩で2、3回停車します。その40分ほどの停車のうちに食事、歯磨きなどを済ませます。スペイン語わからへんから何分休憩かもわからへんし、常にダッシュで行動。

もちろんシャワーなんて浴びる時間も設備もなく、少しでも余裕があるときに水道で水シャワー。石鹸で頭と顔だけは毎日洗ってました。

乗客はエクアドルで急に増え8割くらいに増えましたが、俺の隣は運よく誰もおらず、毎日2座席占領して寝てました。バックパッカーは全くおらず、パッと見みんなペルー~ベネズエラ人。アジア人一人だけ常に浮いてた。

娯楽は気まぐれに放送する映画のみ。電池がもたないんでラップトップは封印。映画はB級SFや戦争もの、ケビンコスナー映画集、コロンビアが舞台のセックスとドラッグまみれのもの(俺のコロンビアのイメージにピッタリ!)等等々々。6日間もあればかなりの本数が見られましたが、もちろん全部スペイン語。理解度は低く途中で寝てしまうものも多かった。「ボディーガード」が懐かしかったなー。

お金は国境で少しだけドルから現地通貨に両替して、あまったら次の国で両替。お金ないとご飯も食べられへんから両替するしかない。

国境はだいたいどこ同じようなもの。バススタッフも俺自身ももう慣れたもんです。問題なし。





ではDAY4から続きです。

P2248523.jpg
飯は毎回こんな感じのを食べてた。

P2258529.jpg
コロンビアは本当に山ばかりです。はいDAY4あっさり終了。

P2258551.jpg
DAY5。昼にベネズエラ入国。25カ国目。

P2258552.jpg
すげー山積みのジャガイモ。

P2268556.jpg
この日はポリョ(鶏肉)。なかなか豪華。

天気が悪く写真なし。DAY5終了。

P2268567.jpg
そしてDAY6。朝5時ベネズエラ・カラカス到着!気さくなスタッフを最後にパシャリ。


終わったーーーーー!!!!!!合計113時間のバス移動!!もちろん過去ぶっちぎり最長!6日間あっという間やったー!113時間も俺は何してたんやろか?昼間は車窓を眺め、暗くなったら寝る。久しぶりにゆーっくり考える時間があったんで、なんか日本のこと色々思い出したり。焼肉屋、ホテル、大学、家族。もちろん今回の旅のことも。

2011年始まってから激動の南米旅行やったから、今回のバス移動で気持ちの整理ができた。中米で何を本当にみたいかが分ってきた。

マヤ文明の遺跡も魅力的やけどやっぱり「自然」。エコ・ツーリズム大国のコスタリカの自然がみたい!今回の旅でも思い出深いのは「自然」関係の観光地ばかり。そのなかでも「生き物」がからんでくると楽しさ倍増なことに気付いた。ケニアのサファリ、アマゾンツアー、ウシュアイアのペンギン。中米は自然中心で行きます!


南米編ももうクライマックス。まずはあと2日カラカスで楽しみます!



バス移動をまとめて見ていい感じになってるんだけど、到着したのは世界三恐の一角カラカス。しかもまだ明るくならない明け方。さらには犯罪数激増の週末!

めっちゃ怖いやん!!今からどうしよ!?!?!?

スポンサーサイト
恐怖の街カラカス
◆報告◆
ついに帰国まであと13日。3月31日に帰国します!!

<コスタリカ・サンホセからの予約更新>
これからしばらくは予約更新が続きます。1日2記事が毎日アップされる予定です。
3月末の帰国に向けブログもスピードアップしていきます。

<<2月27日「恐怖の街カラカスからの脱出」も同時にアップされていますのでどうぞ>>



<<2月26日のブログ>>

世界3恐都市のひとつ、ベネズエラ・カラカス。今日はひたすらビビってたブログ。


朝5時にカラカスのバスターミナルに到着。まずは調べておいたホテルへタクシーで向かうことに。バスターミナルで夜が明けるのを待つ選択肢もあったが、5泊6日の車中泊に疲れていたんでめちゃめちゃベッドで寝たかった。

ベネズエラの貨幣、ボリーバルのレートも全く知らず、言われた料金が高いか安いかもわからない。歩き方のデータは2005年。全く役に立たない。ってか調べておけよ、おれ。

50ボリーバルで住所を頼りにホテルへ向かうも、目的のホテルが見つからない。安宿だったんで周りには多くの浮浪者。彼らがみんなでウヨウヨと寄ってくるのは本当に怖かった・・・。バイオハザードの映画みたい。

その中に英語を多少操るヒーロー警備員が混ざってて、彼が近くの別のホテルまで付き合ってくれた!!しっかり5ボリーバル要求されましたが、あの恐怖から解放してくれた彼には本当に感謝です。

それと同時に自分の事前情報の甘さに腹が立ちます。トトが一緒にいないのに無茶してどうすんねん。




そんな感じでベネズエラ・カラカスに無事到着。なんかドキドキして横になっても寝れなかった。

スキミング率の高いカラカスでATMでお金をおろすのも怖く、しかし両替所は土日はやってない。レートの良い裏換金もどこにいるか分からない。

そんなこんなで今日はお金のかからない博物館&美術館巡りに行ってきました笑。

P2278606.jpg
自然科学博物館でギアナ高地やアマゾンの動植物を見て、そして何故かケニアの動物たちにも会えました。トムソンガゼルにエランド、バッファロー、ゼブラ、ライオン等等。数か月前にみた動物たちの剥製がいっぱい!いい復讐になりました。

あとは近くの美術館を2つほど。動植物でテンションは上がるけど、美術品は相変わらず苦手。もっと芸術性がある男やったら楽しめるはずなのになー。悔しいから全部見るものの感動は少ない。

あとはカラカスの街歩き。その足で恐い旧市街から若者でにぎわう新市街へ。

P2278626.jpg
地下鉄はかなりしっかりしてる。そして安全らしい。

P2278640.jpg
新市街ホコ天。土曜日だったからかとても賑やか。多くの若者がいました。マクドとかも数件あったし、恐い雰囲気はなく安心。

P2278635.jpg
ふと入った小さなモール。電化製品を中心の建物やった。

P2278629.jpg
この中の店は競ってアニメのフィギュアを店頭に並べてた!海外で定番のドラゴンボール・ナルトだけでなく、幽々白書、セイント聖矢、らんま1/2、セーラームーン、北斗の拳、マリオ、犬夜叉、ストリートファイター、ウルトラマン・・・挙げたらきりがない。世界でここでしか見ないモノばかりでした。たぶんカラカスのアキバ。

P2278650.jpg
1日中雨だったが、帰る頃ようやく晴れ間が。帰り際に見た美しい教会の塔。

P2278654.jpg
カラカスは都会!ただビルは古く汚いものが多い。高層ビルが立ち並ぶと言ってもちょっとイメージと違う。


暗くなる頃にホテルに戻って初めて気づいたこと。

今泊ってるホテル、ラブホテルやった笑。

恐るべしカラカス。


恐怖の街カラカスからの脱出
◆報告◆
ついに帰国まであと13日。3月31日に帰国します!!

<コスタリカ・サンホセからの予約更新>
これからしばらくは予約更新が続きます。1日1or2記事が毎日アップされる予定です。
3月末の帰国に向けブログもスピードアップしていきます。

<<2月26日「恐怖の街カラカス」も同時にアップされていますのでどうぞ>>



<<2月27日のブログ>>

明日28日がフライトなんですが、今日はカラカス空港で空港泊することにします。宿はラブホなのに高いし、天気悪いし、明日フライト朝やし。

ビビっていたベネズエラで1つだけいいこと。それは・・・

女の人が美人!!

アルメニアともイスラエルとも違う美しさ。それは黒人さんの混血の美女。ブラジル美人と似てるけど、ブラジルはスタイルだけ良くて顔は好みではないことが多かったが、ベネズエラはたまにハッとするような美女が歩いている。

街を歩くときの気持ちは、9割のビビリ心、1割の下心。




午前中で少し旧市街を歩いたんでどうぞ。

P2278659.jpg
広場のボリーバル像。

P2278663.jpg
政府関係の建物①

P2278664.jpg
政府関係の建物②

P2278672.jpg
旧市街カテドラル。


古い建物も周りのビルに雰囲気をかき消されていて威厳なしでした。でもその廃頽した雰囲気は嫌いじゃない。

宿に帰って空港へのタクシーでも呼んでもらおうかと思って宿の若者に話しかける。ベネズエラではほっとんど英語が通じなくって実は結構困っていた。いつも使うのが「英語の文章+聞きたいワードだけスペイン語」。

I want to Aero Puerto.みたいに。エアロプエルトがエアポート(空港)のスペイン語(たぶん)。

そしたら予想外に彼の口からスムーズな英語が!!この時の嬉しさはマチュピチュで天気が晴れたときに匹敵する嬉しさでした。こんなに人と会話することに飢えてたんだなー。5泊6日のバス移動もまともな会話出来なかったし。

P2288674.jpg
そんな彼。

P2288675.jpg
そしてその親父と友達。親父は完全に危ないおっちゃんでしたが、2泊して仲良くなると、出発時にウイスキーを一杯飲ませてくれました。ありがとう。その体格と態度のでかさでお客が逃げちゃわないかが心配。

さっきの若者が空港へのバス乗り場を丁寧に教えてくれたので安心して出発できました。

P2288678.jpg
会話が出来たことの喜びを写すかのような空。

P2288683.jpg
やはり都会なカラカス。


バックパックを背負いカラカスの街を歩いてももう怖くない。イメージばかり先行している都市は初めめっちゃビビる。そのイメージがさっきの会話で払拭された。これまでも何度もあった感覚だが、やはり最初はびびってしまう。

大事なのはコミュニケーションやね。

バスで走ってみて気付いたのが、道路はかなりしっかり整備されている。高速もあるし立体交差の道路があちこちにある。トンネルも通っていたり、立派な鉄橋もあったり。地下鉄の立派さも合わせて交通事情は良いようだ。

P2288695.jpg
ベネズエラカラーの家々とトンネル。

空港はだいぶ安全そう。よく考えたら大都市の空港やもんな。ローカルな薄暗い空港を想像しててごめんなさい。

3時頃から夜までビール一杯でひたすらwi-fiを使い続けて、久しぶりに大好きなSUBWAYのサンドイッチを食べる。生野菜を詰め込んでくれるSUBWAYはやっぱいいな。




そんなこんなでなんと・・・

南米終了でございます!!長かった南米!この旅最長の2ヶ月!

全然まったくもって時間が足りませんでした笑。

でも本当に大満足の2ヶ月。イグアス、パタゴニア、ウユニ、アマゾン、チチカカ湖、マチュピチュ。大自然の織りなす素晴らしい景色を堪能できました。簡単には比べられませんが、自然の雄大さを一番感じられた大陸でした。

そして南米で一番思い出深かったのが・・・

数々の長距離バス移動。南米大陸は本当に大きかった。



明日はヒューストン経由メキシコ入り。終わりがあれば始まりがあります。ついにこの旅のクライマックス、中米編の始まりです!!!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。