ハナモゲラの世界一周ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チチカカ湖ウロス島!
<コスタリカ・サンホセからの予約更新>
これからしばらくは予約更新が続きます。1日1or2記事が毎日アップされる予定です。
3月末の帰国に向けブログもスピードアップしていきます。

<<2月16日のブログ>>

今日はチチカカ湖のウロス島&タキーレ島へ行く1DAYツアーです。ウロス島というのはトトラという植物で出来た浮島で、その上に昔から住んでいる人々がいます。タキーレ島は普通の島ですが、古くインカの時代からの民族衣装や島からのチチカカ湖の展望が素晴らしい島です。

昨日宿で知り合ったユウタと一緒にツアーへ行ってきました!深く青いチチカカ湖と鮮やかな民族衣装を是非見てください!!

まずはフェリーでタキーレ島へ向かいます。片道3時間くらい。朝からずーっと曇っていましたがタキーレ島へ着くころ晴れ間も見えてきた!青空を映したチチカカ湖はめちゃめちゃ青い!

タキーレ島は段々畑が広がりちらほら民家が見える。緑も豊かで花もいくつか咲いている。まずはタキーレ島を30分程トレッキング。といってもここは富士山より標高の高い湖。少しの急な坂に息が切れる。

この島にすむ人々は皆民族衣装。黒ハットonカラフルニット、鮮やかなデザインの太い布ベルトが印象的。

天気も一気に良くなり、島の景色がめちゃめちゃ美しく見える。それ以上にチチカカ湖の青さがハンパない。

P2171216.jpg

P2171219.jpg

P2171224.jpg

P2171226.jpg







30分登ったところには広場、民芸品売り場、学校などが集まる場所があった。民芸品は今まで見たことがない物ばかり。町はレンガや土壁にトタン屋根。石畳の道はしっかりしていた。そこから少しあるいて昼飯。食べたかったトゥルーチャとキヌアスープとコカ茶。

その後島の反対側へ降りてタキーレ島終了。この降りる道からの景色は本当に最高だった。


P2171236.jpg

P2171240.jpg

P2171266.jpg

P2171270.jpg

P2171278.jpg

P2171282.jpg

P2171296.jpg

P2171291.jpg
パノラマ。クリックで拡大







再び船に乗り、今度はウロス島までの3時間のクルーズ。快晴でずーっと船の屋根の上にいた。ユウタと喋ったり昼寝したり。日差しが強くかなり焼けた。

風にあたりながらずーっとチチカカ湖を眺める。ほんとうにここが富士山より高い場所にあるのが信じられない。めちゃめちゃ気持ちがいい。


P2171312.jpg

P2171323.jpg







ウロス島へ着く頃は少し雲が増えてきた。そして周りにはトトラがいっぱい生えている。だいぶプーノの陸地に近いところ。

近づいてみれば見るほど信じられない!トトラで出来た島に家が建っている!トトラの家だけではなく木造の家まである。

島へ上陸してウロス島の説明。かなり充実した説明だった。その後島の人々が住む家の中で土産物の販売。トトラは3mほどの厚みで、その下に5mほど水深があるらしい。俺たちが上陸したトトラ島は民家が数件あるだけの小さな集落。トトラ島には猫、犬、羊、鶏などの動物もいた。

タキーレ島とは土産物の雰囲気が変わり、アニメっぽいデザインのものが多い。彼らの民族衣装はとてもカラフルで青い空と青い海に映えていた。

P2171359.jpg

P2171384.jpg

P2171390.jpg

P2171397.jpg

P2171408.jpg







ウロス島の人々から歓迎の歌と首飾りのプレゼントがあった。そして僕たちからも歌のお返しをすることに。各国がグループになり、それぞれの国の歌を歌った。ペルー、チリ、ブラジル、コロンビア、フランスなど様々なメンバーが少し恥ずかしがりながら歌を唄う。俺たちは「上を向いて歩こう」を歌った。

この島からトトラで出来た船で別の島へ。次の島はカフェもホテルもある大きな島だった。この辺りから急に雲行きが怪しくなってきた。雨雲があんなに大きく成長していくのを見たのは初めてだった。

P2171418.jpg

P2171432.jpg




ここから30分程ボートに乗りツアー終了!宿へ戻りほかの日本人からマチュピチュ情報をゲット。近くの定食屋でポリョとスープとハーブティーを4ソルで食べ、カテドラルとメインのリマ通りで土産物を物色してプーノ観光終了!!ユウタと一緒に今日の夜行バスでクスコへ向かいます!

チチカカ湖は今まで見た湖の中で最も青かった!ウロス島とタキーレ島という二つの異なった文化に触れたが、その二つともチチカカ湖というもので繋がっていた。本当に美しく雄大な湖だった。今日のツアーも天気とメンバーに恵まれすごく有意義やったし、本当に自分は運がいい。


明日はクスコへ到着。その足でマチュピチュ観光の起点となるアグアスカリエンテス(マチュピチュ村)へ向かいます!!

スポンサーサイト
マチュピチュ村へ!
<コスタリカ・サンホセからの予約更新>
これからしばらくは予約更新が続きます。1日1or2記事が毎日アップされる予定です。
3月末の帰国に向けブログもスピードアップしていきます。



<<2月17日のブログ>>

今日はクスコ~マチュピチュ村への移動です!これがなかなか大変やった!!

お金に余裕のある人はクスコ~マチュピチュ村は電車で移動しますが、これがまた高いんです!時間をかけてお金を節約するバックパッかーは、ローカル路線と体力を駆使して安くマチュピチュ村へ移動します。

そのマチュピチュ村からバスで30分ほどでかの有名な遺跡「マチュピチュ」に行けます。

バックパッカーの行き方は以下の通り

クスコ~オリャイタイタンボ(コレクティーボ)
オリャイタイタンボ~サンタマリア(コレクティーボ)
サンタマリア~サンタテレサ(乗合タクシー)
サンタテレサ~水力発電所(乗合タクシー)
水力発電所~マチュピチュ村(徒歩)

一番細かく刻むとこんな感じ。このルートで行くと電車で行くよりも最大50%offでマチュピチュ村に行けます。



で今日の俺の移動は以下の通りです。

朝4時半頃クスコ・バスターミナルに到着。タクシーでコレクティーボ乗り場へ。5時半ごろコレクティーボが満員になり出発。8時頃オリャンタイタンボ到着。9時半まで待つもタクシーをシェアする人を探すも見つからず。ユウタと二人でタクシーでサンタマリアへ。

P2181489.jpg
サンタマリアへ向かうのは標高4300m近くまで上げります。周りは切り立った山々が続く。

13時にサンタマリア到着。すぐに水力発電所行きの乗合タクシーが見つかり出発。14時頃土砂崩れの復旧工事に遭遇。1時間ほど待たされる。

P2181500.jpg
待っている間にユウキ君とこの旅で3度目(エジプト、ウユニ~ラパス、マチュピチュ)再会を果たす。まさか同じ日に同じルートを使ってマチュピチュ村に行こうとしていたとは!!

P2181502.jpg
その背後では濁流が滝のように流れていました。

1時間ほどで復旧し、その後20分ほどで水力発電所到着。この時点で15時頃。ここから約3時間の歩きが始まります。

P2181508.jpg
一緒に乗合タクシーで一緒やった姉さん兄さんとユウタ。

P2181510.jpg
ココから12ドルで電車でマチュピチュ村へも行けますが、もちろん僕らは歩き。

P2181517.jpg
線路の上をスタンドバイミーばりに歩きます。

P2181533.jpg
一歩間違えれば濁流の中へ落ちていく鉄橋。

P2181538.jpg
基本周りの壁は切り立っています。

P2181545.jpg
歩くこと3時間。ようやくマチュピチュ村に到着です!途中雨も降り大変な3時間徒歩でした。

その後すぐにマチュピチュの入場券(63ソル)、マチュピチュまでの往復バスチケット(15.5ドル)、クスコまでの帰りの電車のチケット(56ドル)を購入。一瞬で90ドル位が消えてなくなりました。明日マチュピチュを見た後スムーズにクスコに戻りたかったんで、帰りは少し豪華に電車をチョイス。

そしてようやく宿へ。朝起きてから16時間が経とうとしていました。さすがに夜行バスからの大変な移動は身体にこたえる!!今日は長い一日でした。

宿でしっかり天空の城ラピュタを鑑賞しこれで準備は万端!明日ついにマチュピチュへ行ってきます!



マチュピチュ!!
<コスタリカ・サンホセからの予約更新>
これからしばらくは予約更新が続きます。1日1or2記事が毎日アップされる予定です。
3月末の帰国に向けブログもスピードアップしていきます。

<<2月17日「マチュピチュ村へ」もアップしていますのでどうぞ>>



<<2月18日のブログ>>

今日はついにマチュピチュ観光です!!そして何と今日2月18日は・・・

僕の24歳の誕生日!!!!


旅に出たときに、誕生日はどこで迎えるんだろうか?と思っていました。南米編の後半あたりやから、きっとペルーかエクアドルあたりだとは想像していましたが、南米最高の観光地マチュピチュ観光のその日が俺の誕生日になろうとは!!

しかし今ペルーは雨季。マチュピチュに行って来た人の話を聞くと、天候はいまいち。一日中雨が降り続いていて何も見えなかったーなんていう人もいました。

ボリビア・ウユニ塩湖に照準を合わせるとどうしてもマチュピチュはオフシーズンに当たってしまいます。

そんな俺のマチュピチュ観光&24歳の誕生日はどうなったのでしょうか!?!?




では写真中心でどうぞ!!

ワイナピチュというマチュピチュの隣の山に登るために朝は4時起き!!バスでマチュピチュの入口まで向かい、入場前にワイナピチュ入場許可スタンプをもらわなければいけません。先着400人いしか入れないという人数制限があります。


朝4時半過ぎにバスターミナルに並んだ時には既に長蛇の列!みんな朝早過ぎるでしょ!

5時半にバスが発車し始め、ついにマチュピチュの入口へ!


P2180002.jpg
歩いて登った人も加わってさらに長蛇の列!!しかも生憎の雨!!

P2180003.jpg
322番目で何とかワイナピチュ入場スタンプゲット出来ました!!

時間は希望通りにはいかず7~8時限定。でも入れるんです!!早起きして良かった!!数分後には400人の枠が埋まり、列をなしていた観光客からブーイングが起こっていました。

そしてついにマチュピチュの遺跡の中へ!

P2180005.jpg
ガスっててよく見えません!

P2180024.jpg
ウサギ?リス?

P2180029.jpg
まず遺跡をずーっと横切ってワイナピチュ入口へ向かいました。ここが入口。奥にぼやーっと見えているのがワイナピチュ。

P2180039.jpg
途中からかんなり急な登り。

P2180043.jpg
すると急に現れる石造りの建造物達。

P2180049.jpg
合っているのか半信半疑で細い岩の隙間を抜けると。

P2180059.jpg
ワイナピチュ山頂!やはりガスっていて全く何も見えず。

マチュピチュが見渡せる(であろう)場所で晴れるのを待ちます。昨日一緒にマチュピチュ村を目指した兄さん姉さんとユウタと4人で談笑。昔のグルジア・アルメニア・シリア事情を聞き、僕の行った時とはかなり違った印象を受けました。

P2180065.jpg
すると少しづつ空が開けていき・・・

P2180090.jpg
うっすらとマチュピチュ見えた!

ワイナピチュから見たマチュピチュはまるでミニチュア模型!さっきは霧の中で全く分からなかったマチュピチュの全貌をようやく把握できました!そして何より驚いたのがマチュピチュのある場所!かなり急な尾根の上に建っていて、その周りは川。さらにその周りは同じような切り立った山々に囲まれています!空中都市とはよく言ったものです!

そこで3時間ほど眺めていましたがスッキリ晴れることはなくって、10時半ごろにはまた雲が増え始めたため撤退。再びマチュピチュへと戻ります。

P2180096.jpg
下りがまた急で恐い!!

P2190111.jpg
マチュピチュに戻ってきたところで雨が強くなってきた。

P2190114.jpg
大きな岩の陰で雨宿りするおっちゃん。

ココで1時間ほど雨宿りしましたが雨は止まず。待っている間に多くの日本人の団体さんを見ました。雨の中でも熱心に解説する日本人ガイドに感心。少し雨が弱くなったところで全身ゴアテックスに身を包み雨のマチュピチュへと突っ込みます!

P2190126.jpg
発見者ハイラムビンガムさんが登って来た段々畑。

P2190125.jpg
マチュピチュの街の一番高い場所にある日時計。

P2190139.jpg
少し下った場所の神殿跡。右の方が崩れているのは下に断層が走っているからだそうで、つまりパワースポットてきな場所であった、と、日本人団体さんのガイドさんが解説していました。ほんまかいな。

P2190148.jpg
住居跡。石造りの壁がしっかり残っています。上の三角から屋根がかかっていたことが想像できる。

P2190153.jpg
身分の低いものは平らな屋根だった。石組も身分の高い家は均一な大きさの石だったのに対し、低いものの家は不揃いな石で造られています。

P2190181.jpg
コンドルの神殿。このVの字がコンドルの翼。地面にコンドルの頭もありました。

P2190189.jpg
水汲み場。かなりしっかりした水路がありました。

P2190192.jpg
太陽の神殿の石組は最も美しかった!

P2190202.jpg
正門


ここから少し登って行った所から「THE・マチュピチュ」の写真が撮れる場所があります。しかしまだ天気は雨。まだ展望もいまいち。この時点で14時。帰りの電車に乗るためには遅くとも4時にはバスに乗らないといけません。なので残りの2時間はここで晴れるのを待つことに決めました!

P2190213.jpg
リャマとマチュピチュ!合成ではありません。本物のリャマ。

P2190237.jpg
待つこと1時間!奇跡的に天気が良くなってきた!雨もやみ、ワイナピチュにかかっていた雲は晴れ、周囲の山々も見えてきた!!そしてついにあの風景が!社会の教科書や絵ハガキで腐るほど見たあの風景が目の前に広がってくれました!!!


P2190242.jpg
マチュピチュパノラマ!(クリックで拡大)

P2190261.jpg

P2190263.jpg

最高の景色!久しぶりに全力でガッツポーズしたくなりました!今までの雨がこの景色を感動的に見せる前振りであったかのような感動的な瞬間!!

コレが僕の24歳の誕生日の最高の誕生日プレゼントでした。この最高の景色を見れる誕生日。本当に本当に幸せだと思います。景色を見て泣くことはなかった僕ですが、いろんな感情が入り混じって、この旅初めて景色を見て泣きそうになりました。

P2190272.jpg
帰り際に顔を見せてくれたウサギ夫婦。

P2190284.jpg
段々畑。

P2190289.jpg
リャマ。

P2190293.jpg
少し低い所からのマチュピチュ全景。

P2190295.jpg
リャマとマチュピチュ②


これでマチュピチュ終了です!この後バスでマチュピチュ村に帰り、昨日食べたレストランのお姉ちゃんの勧誘に負けてダッシュでご飯を食べ、急ぎ荷物を抱えマチュピチュ駅へ。帰りはスナック付きの豪華列車に揺られながら帰ります。

P2190302.jpg
日本の温泉街のようなマチュピチュ村。

P2190306.jpg
豪華列車。


このあとオリャイタイタンボ駅~クスコ駅までのバスの中でヨルダン・ペトラと南アフリカ・ケープタウンで出会っていたアベせんと再会!!中東、アフリカ、南米と全然別の場所で3度もあってしまった!!

何度もいうけど世界は広いけど世間は狭い!

クスコからその日にリマへはいけないらしく、アベさんとキンちゃんっていうお連れさんに連れられてクスコの宿へ。もちろんユウタも一緒に。

P2190314.jpg
誕生日も祝ってもらっちゃいました。本当にありがとう!!


ユウタとも仲良くなれた。ユウキ君らとも再会したし、アベさんとも再会できた。しかも俺の誕生日に。あのマチュピチュで。なんとも不思議な運命を感じます。

みんな本当にありがとう。



そんなこんなで幸せなマチュピチュ誕生日も終了!明日はペルー・リマへ移動します!久しぶりの海だー!!

少しだけクスコ観光
<コスタリカ・サンホセからの予約更新>
これからしばらくは予約更新が続きます。1日1or2記事が毎日アップされる予定です。
3月末の帰国に向けブログもスピードアップしていきます。


<<2月19日のブログ>>

今日はリマへ移動!朝一でバスターミナルまで散歩。スタッフは歩いて20分と言っていたが、小走りで40分もかかった!

今日の13時発のリマ行きバスチケットを入手!昼まではクスコを観光出来ることになった。

宿に戻り朝食を食べ、ユウタと少しだけのクスコ観光へ出発!!

P2190315.jpg
さーっと歩いたクスコの街は石畳が続き、古さとオシャレさが入り混じっていい感じ。

P2190319.jpg
アルマス広場周辺の教会。

P2200330.jpg
坂も多く展望もなかなか良い。

P2200334.jpg
12角の石。

P2200335.jpg
これも12角の石もですが、こんなにぴったりハマっていることが不思議!インカ帝国の石積み技術はすごい!

P2200341.jpg
古くからの建物を利用した超オシャレThe North Face!!

P2200344.jpg
ある広場でアイドルの卵がライブをしているかと思いきや。

P2200345.jpg
同じ広場では小規模なデモも。

P2200353.jpg
活気ある市場の露店で。

P2200355.jpg
鶏肉入りスープスパを食べる。ダシがしっかり出ていてめっちゃ美味しい!

P2200357.jpg
今度はセビーチェ!魚の酢のもの!かんなり美味しい!日本以外でこんなものが食べれるとは!!



ここでユウタとお別れ!チチカカ湖から3日間一緒やって、24歳の誕生日も祝ってくれて、しかも俺のハイペース移動に付き合ってくれて、本当にありがとう!同じ年で同じM1ってのもあってかめっちゃ打ち解けやすかった!!



お腹いっぱいでバスターミナルへ向かい、無事13時に出発。ほんの少しですがクスコの街を見れてよかった!御飯が本当に美味しかった!

P2200361.jpg
リマへはアンデス山脈を越えます。一旦4000m近くまで上がってた。

P2200364.jpg
車窓から、怒涛の羊。

隣に座ったインディヘナの子供にいっぱい写真を見せたら喜んでくれた。

これで今日は終了。明日はリマに到着します。南米残り8日。ここからの移動をどうしよう!?!?26日までにはカラカスに着いていたいし・・・。

明日リマで情報を集めて考えます!

ではまた!!


リマで充電
<コスタリカ・サンホセからの予約更新>
これからしばらくは予約更新が続きます。1日1or2記事が毎日アップされる予定です。
3月末の帰国に向けブログもスピードアップしていきます。

<<2月19日「少しだけクスコ観光」も同時にアップされていますのでどうぞ>>



<<2月20日のブログ>>

9時到着予定が13時にリマ着きました!早く次に移動したいときは、バスの遅延に腹が立ってしまします。

ま、焦ってもバスは早く着くわけじゃないんで気長に待ちました。

とりあえずエクアドル行きのダイレクトバスがあるオルメーニョというバス会社へ向かう。

なんとキトだけではなく、コロンビア・ボゴタやベネズエラ・カラカスへのダイレクトもある!!しかも出発は明日だと!これは迷うな・・・・・。

とりあえずエクアドル・キトへ向かうつもりだったが、なんとなくカラカス行きも聞いてみると・・・

ダイレクトでなんと到着が26日の午前中!これはまずい!エクアドルやコロンビアに立ち寄っていては飛行機に間に合わなくなる・・・

キトの赤道博物館やコロンビアのコーヒー農園も見たいけど・・・

飛行機に乗り遅れるわけにはいきません!!さようならエクアドル&コロンビア!!僕は一気にカラカスへ向かいます!!

飛行機という選択もありましたが、陸路移動にこだわって長距離バスでカラカスへ向かいます。

チケットを200ドルくらいで購入。これで明日から4泊5日(予定)のバス移動が決定!何時間バスに乗るんやろうか?なんかとんでもない選択をしてしまった気がするが・・・

なので今日はリマで充電。少しお金を出し個室。今までたまっていてメールや写真の整理、洗濯やブログアップに励みました。

P2210376.jpg
なにも写真がないので今日の晩御飯。

明日からの超長距離移動に向けて今日は寝ます!お休み!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。