ハナモゲラの世界一周ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカ入国!!

<アルゼンチン・ブエノスアイレスからの更新>
<<12月21日のブログ>>

PC210277.jpg
知らない天井。ベンチの冷たさと外気の冷たさで目が覚めた。

PC210272.jpg
ウィントフック空港の朝日。

PC210275.jpg
ホントに周りに何もない空港でした。

ウィントフックの空港のTVはずっとサッカー関連の放送で、かなり楽しく過ごせました。

PC210284.jpg
出発は12:40。影が真下に出来るほど太陽が真上にありました。

PC210288.jpg
飛び立った直後の景色。なにもありません。

PC210293.jpg
到着したヨハネスブルグ空港!自分が行ったことのある空港の中でNo1の規模だと思います。

ナミビアに向かう時のトランジットの時も感じました。ヨハネスの空港ホントでかい!W杯用に増築したらしいのですがホント立派な空港でした。

恐怖の街ヨハネスブルグも歩きたかったのですが、今回はさっさとケープタウンに移動します。ナミビアで予約しておいたインターケープのバスに乗るためにバスターミナルへ。タクシーでR150/person。

途中ヨハネスの街を通りましたが何所が危険なのか感じ取れず。

到着したバスターミナル。こちらもかなり大きい。他のすべての長距離バス会社もここで発着しているようでかなり混雑していた。

それにしてもヨハネスの黒人さんが「バファナバファナ」のユニフォームを着ている人が多いこと!!!W杯でかなり盛り上がったんだろうな。

17:45分の出発だったので少し早い晩御飯を探しに。酒臭い黒人のおっちゃんらに話しかけられそこのレストランで飯を食べることにしました。

案内するから俺の分も飯をおごってくれというおっちゃん。面白そうだったのでおっちゃんの分も払い3人で晩御飯。

PC210310.jpg


ひたすら何か喋ってるんだけど早過ぎて聞き取れないのが8割。、民族の話、経済の話。W杯の話、俺たちの反応が有ろうと無かろうとずーっと喋り続けていました。

時間になりバス乗り場へ。そのおっちゃんが最後まで案内してくれました。

が、最後の最後に「R100くれ」と。「親切なジャパニーズ!いい国だ!だから俺を助けてくれ」だとさ。

もちろん返事は「NO!」飯おごったっしょ!?それに感謝してすんなりバイバイなんて事にはならないらしい。最後は俺たちは払わないという事をしっかり伝えると諦めて帰って行った。この間20分くらいは「R100くれ」って言い続けてた。



彼と気持よくお別れした後、同じバスに乗る日本人と遭遇しました。大石さんというおじさん。一人でアフリカを旅するパワフルなおじさん。

大石さんの知り合いの方がこのバスターミナルからほんの少し出たところで首絞め強盗に遭っていたらしい。

やっぱヨハネス恐い!

ケープタウン行のバスはリクライニングもかなり倒れて快適でしたが、冷房の風が直撃で寒かった!マサイ族のブランケットにくるまり就寝。

明日はケープタウン到着!!以上!!

スポンサーサイト
ケープタウン到着!

<アルゼンチン・ブエノスアイレスからの更新>
<<12月21日のブログも書いています>>

<<12月22日のブログ>>

PC220314.jpg
お世話になった長距離バス。

朝起きるともう7時くらい。隣は相変わらず大きい黒人のおばちゃんがうんうんうなってる。結構広いシートだが物足りない様子。バスの休憩のとき買っていたチキンとスナックが気付いたらキレイになくなっている!!そりゃシートも狭くなりますわ!

長距離バス移動の定番MARIEのビスケットと水で朝ごはんを済ませ、読めもしない英語のサッカー雑誌をペラペラめくって、気がついたら寝てる。その繰り返しであっという間にケープタウン到着!!

長距離バス移動が全く苦痛にならなんです。ほんと便利な自分の身体!!


大石さんの案内で予約してあったcat and moose へ直行。迷うことなく到着しました。

ケープタウンは都会!!ってかここドコ?アフリカ?白人さんがいーっぱい。黒人さんはちらほら。働いている人は黒人さん、客や歩いている人は白人さん。変な感じの街。

テーブルマウンテンってこんな街の近くにあるんや!!でかいなー!!

とりあえず何か食べに外へ。近くのスナック屋でパイとバナナシェイクを食べる。ファラフェルやケバブが売っていて懐かしかったが、高かったので断念。何故ファラフェルが400円もするんだ!!

スーパーに買い物をしに行くと、クリスマスムードMAXで鶏肉が大量に並んでた!今日はもう12月22日。クリスマスまであと3日やー!今年のクリスマスは七面鳥+南アフリカワインで決まりです。

とりあえず恒例の初日街歩き。ウォーターフロントというケープタウンのオシャレスポットに行ってきました。

PC220324.jpg
ケープのビル街。

PC230343.jpg
歩いていたらケープ・スタジアム発見!ここでW杯のどこかの試合をやったのか・・・。

PC230349.jpg
ウォーターフロントのショッピングモール!!

PC230352.jpg
こういう所の定番、観覧車!!

PC230354.jpg
ケープでNo1(おそらく)であろうクリスマスツリー。今年も関西ウォーカーにツリー特集とかあるんだろうな。

PC230358.jpg
家族連れ、カップル、とにかく色々な人達でいっぱいでした。

PC230368.jpg
湾内にイルカがいた!それにしても、ほんと自分の写真のタイミングの悪さ。

PC230371.jpg
金色のオットセイ!

PC230378.jpg
ダチョウの卵ランプ。

PC230381.jpg
黒人のアカペラ集団。

PC230384.jpg
デカイ象のモニュメント!

PC230386.jpg
こちらも負けじとデカイ。

PC230390.jpg
サッカーボール船と瓶ビールのケースで出来た建物。

PC230398.jpg
ウォーターフロントから見たビル街とテーブルマウンテン。

ケープタウンの色んなところでW杯の名残を感じました。サッカーボールのモニュメント、W杯関連グッズ、バファナバファナのユニフォームを着た人々(主に黒人さん)。

初日はこんなもんです。南アフリカは雨季らしいんで、天気のいい日を見てテーブルマウンテン登山と喜望峰に行ってきたいと思います!!

◆今日の宿情報
Cat and moose
南アフリカ・ケープタウンの有名な安宿。
R110(予約時は130と言われたが、なんやかんや110になりました。)
キッチン有(火力弱し)、wi-fi有料、情報ノート有り、スタッフのジョン君は親切。日本人多数。



テーブルマウンテン!!
<アルゼンチン・ブエノスいアイレスからの更新>
<<12月23日のブログ>>

今日はケープタウンの名物、テーブルマウンテンに登ってきました!高さ約1000mの巨大テーブルはケープタウンのどこからでも見えます。そのテーブルの広いこと広いこと。霧や雲(通称テーブルクロス)がかかっていることが多く、天気が良くなった日に登ろうかーと言っていたのですが・・・

PC230411.jpg
初日晴れました!!

朝10時さっそくテーブル登山開始です!!

PC230427.jpg
宿を出て約1時間、ケーブルカー乗り場に到着。そこからのパノラマ。(クリックで拡大)
ここからでも十分景色キレイ!一番左がライオンズヘッド、なだらかなのがシグナルヒル、そしてケープの街並みと大西洋です。

PC230428.jpg
ケーブルカーは大人気。クリスマス休暇+快晴で混んでたんかな。

オレ達はもちろん歩いて登ります!ケーブルカーだと一瞬ですが歩くと3時間かかるらしい。ルートも何本かあって俺たちはもちろん最短ルートで!

PC230429.jpg
テーブルマウンテン全景。

PC230432.jpg
完全に崖です。どこから登るんだろう・・・。

PC230447.jpg
登り始めてすぐの景色。

PC230451.jpg
登り始めは緩やかな傾斜ですが、しばらくするとかなり急な岩場が続きます。

PC230457.jpg
こんなトコに立ってみたり。

PC230459.jpg
ライオンズヘッドとシグナルヒル。

PC230466.jpg
気付いたら崖。

PC230479.jpg
ロッククライミング!

PC230485.jpg
頭が青いトカゲ。

PC230503.jpg
絶壁を登り切り、最後テーブルの上に回り込んで行くと花がいっぱい咲いていました。

宿を出て2時間40分、ついにテーブルの上に到着です。テーブルは多少の起伏はあるものの結構平らでした!ロープウェー組が楽しくハイキングしてるのに俺は汗だく。でも登る途中の景色も最高だったし歩いて登って本当に良かった。

PC230521.jpg
頂上で動物発見。名前不明。

PC230534.jpg
頂上からのパノラマ(クリックで拡大)

PC230537.jpg
デビルズ・ピーク

PC230540.jpg
テーブルの卓上。

PC230549.jpg
みんなケーブルの駅周辺を散歩してすぐ帰ってしまいますが、俺たちはテーブルの上を端まで歩くことに。

PC230562.jpg
ここがテーブルのだいたい端っこ。テーブルの上に2時間半はいました。

PC230577.jpg
写真中央の一番奥が喜望峰!?ついにここまで来ました!

PC230590.jpg
下りはケーブルの駅まで1時間。そこから宿までが1時間でした。



1日中太陽が出ていたので肌はヒリヒリ、筋肉痛もバリバリですが、本当にテーブルマウンテンに歩いて登ってよかった!景色、充実感は最高でした!!


明日はクリスマス・イブ!!天気が良ければ喜望峰までチャリンコで行ってきます!!




イヴパーティー!
<アルゼンチン・エルカラファテからの更新>
<<12月24日のブログ>>

今日喜望峰行くのは止めました!宿でご一緒だったアヤコさんとユウヤさんも自転車でケープを目指すとのことで、彼らが自転車レンタル出来れば明日行くことにしました。

とりあえず借りた自転車に乗りたくてその辺を走ってくることに。シグナルヒルとライオンズヘッドを軽く一回りしてきました!

PC240601.jpg
走って気持ちのいい下り坂。

PC240602.jpg
気持ちのいい海岸を走り、

PC240612.jpg
ビーチも見つけ。

PC240616.jpg
風で木が斜めに生えてる!

この辺までは海岸沿いを順調に走っていたのが、ここからがむっちゃ上り!!ぜーぜー言いながら汗めっちゃかきながら漕ぎましたが、すぐに心が折れて歩いてしまいました。

PC240620.jpg
ここまで登るのが長かった・・・。

気付いたらもう昼になっていました。午後はウォーターフロントのショッピングセンターへトトのカメラ探し。

PC240625.jpg
銅像マン!

PC240628.jpg
華やかな雰囲気に負けて買ってしまった・・・。

PC240633.jpg
橋が動いとる!

PC240635.jpg
我らが大阪まで14330km!!

結局いいカメラは見つからず宿へ戻りました。今日はクリスマスイブなんでパーティーの準備をせな!!

鶏肉とワイン、ビールを買い、チーズやハム、スナックを用意し、ケーキも買い、ユウヤさんアヤコさんが作ったパスタと一緒にクリスマスパーティー!!かなり豪華!クリスマスツリーがあるのもいい感じ!!

PC250643.jpg
大石さん、ユウヤさん、アヤコさん、トトと俺の5人。

そこで色々話しているうちに、ユウヤさんと実はインドで出会っていたことが発覚!!デリーのジューススタンドでほんの数分話し、よく分らない島にぶっ飛ぶんだと言っていた人がユウヤさん。まさか遠く離れた南アフリカ・ケープタウンで再開し、クリスマスイブを共に過ごすことになるなんて!!地球は広いけど世間は狭い!!

ひさしぶりの飲み会で楽しくお酒が飲めました!みんなありがとう!!

以上クリスマスイヴ終了!明日は喜望峰へ無茶しにいきます!


喜望峰へサイクリングするという無謀!!
<アルゼンチン・エルカラファテからの更新>
<<12月25日のブログ>>

クリスマスの朝は5時起き。みんながイブを楽しんで寝静まっている時間に僕たちは動き始めました。

何故なら・・・

喜望峰にチャリで行くため!!

直線距離で45kmほどの道のりですが、ケープ半島は想像を絶するほどアップダウンが激しく、また海風を直で受けるので相当厳しい道のりだと聞いていました。

情報ノートにチャリダーの人が「1日で行けます」とか書いているから俺らでも行けるはず!!

昨日イブをご一緒したユウヤさんとアヤコさんとトトの4人で6時に出発。


まず実際のタイムスケジュールです。

6:00 cat&mooseの宿を出発。
8:30 ハウト湾のビーチに到着。休憩。
9:00 チャップマンズ・ピーク・ドライブに入る。最高の絶景。
10:20 M6とM65の交差点を通過。
11:45 サイモンズタウン到着。
12:00 ボルダーズ・ビーチに到着。ペンギンを見る。
12:30 昼ごはんのサンドイッチ。
14:00 自然保護区入口に到着。


入口に到着するまで8時間って・・・。
お昼もしっかり食べたし、休み休みで写真を撮りながらでしたが、平均ぐらいのスピードで走っていたはず。ただめちゃめちゃしんどかった!!何回心が折れる音を聞いたか分かりません。ただ途中のチャップマンズの景色の素晴らしさ、下りの道の爽快感はたまりません!!

ここまでの写真です。

PC250648.jpg
出発の一枚。まだお気楽サイクリングだと思ってるしょーもない人たち。

PC250656.jpg
この日の天候は快晴!!朝のテーブルマウンテンにだけ雲がかかっていました。

PC250662.jpg
朝焼けのライオンズヘッド。まだまだ余裕のある時。

PC250673.jpg
左がライオンズヘッド、あと右に連なるのがテーブルマウンテンからつながる山々。

PC250678.jpg
大きな山を周りこむと新しい景色が目の前に広がります。サイクリングが楽しいのはこの瞬間。

PC250681.jpg
歩いたらあかん!っていわれましても、坂が急なんですもん!仕方ないですやん!!

PC250685.jpg
長―い下りの先にハウト湾が見えた!!

PC250688.jpg
海岸線だけでなく街中も走ります。きれいな街路樹。

PC250690.jpg
DOLCE & BANANAって!!

PC250694.jpg
ハウト湾のビーチ。ここのキレイさだけでも十分満足!!

PC250702.jpg
この辺からオレの行きたかったチャップマンズ・ピーク・ドライブが始まった。

PC250717.jpg
チャップマンを疾走する2人。景色は山側。

PC250725.jpg
マイチャリと海側の景色!!こちら側の海と山とビーチの景色は本当に最高でした!!この景色をずっと右手に見ながら走る爽快感!!

PC250741.jpg
ピークの頂上を超えると待ちに待った下り!!この気持ちよさが次の登りへの力になります。

PC250745.jpg
景色が変わるとまた大きな砂浜!この辺りからケープ半島の西海岸から東海岸への横断です。

PC250759.jpg
グロテスク・カカシ。鳥じゃなくて人間が近寄りません!!

PC250761.jpg
緑の景色。

PC250766.jpg
M65の道とクロスしてからはずーっと登り。チャリを漕げない微妙な登りが永遠続きました。

PC250777.jpg
下り始めると東海岸が見えた!!

PC250779.jpg
休憩。直射日光を浴び続け、自転車をこぎ続け、のどカラカラでお腹ペコペコです。

PC250785.jpg
ついに見えたサイモンズタウン!

PC250789.jpg
すぐにペンギンの見える「ボルダーズビーチ」へ!ビーチに入場しなくても周りに遊歩道があり、そこでペンギンが見られると聞いていました。

PC250793.jpg
PENGIN!!手の届きそうな距離で見えました!

PC250796.jpg
みんな日陰でグダってました。

PC250804.jpg
ペンギンさんのご案内。この辺で12時くらい。そろそろ時間的に焦ってきた。

PC250811.jpg
お昼ごはんに用意しておいた手作りサンドを食べた後は海岸線を南へ南へ。この辺りの向かい風強すぎ!!下りでチャリが進まない!アップダウンもあり体力的にもキツくなったきて、一番しんどかった所。

PC250816.jpg
自然保護区の入口。最後の登りがほんとキツかった。

この時点で2時。まだ最終目的地のもついていない。果たして何時に家に帰れるんでしょうか???





後半戦突入。ケープ・ポイント到着&帰宅まで。

15:45 目的地ケープ・ポイント到着。
16:30 ケープ・ポイント観光終了。バスをヒッチハイクに成功。
17:10 サイモンズタウン駅に到着。
17:50 フィッシュホークの街へバスで到着。電車を目の前で逃す。
18:55 最終電車でフィッシュホーク発ケープタウンへ。
20:00 ケープタウン駅に到着。
20:30 cat & moose到着。


苦労の末たどりついたケープ・ポイント!!遠くから見えた時は全身鳥肌が立ちました!この達成感と感動は何だろう。最後ケープポイントへ4人で到着した瞬間は嬉し過ぎて死ぬかと思いました!!そんでしばらく景色を満喫&記念写真。

帰りですが、心も体も(特に心が)限界に近かった俺たちは駅のあるサイモンズタウンへ送ってくれる車を探しました。1台目に頼んだお兄ちゃんが連れてってくれる人を紹介してくれてすんなりサイモンズタウンへ!

アヤコさんは女性でよくここまでチャリこいで来れたと思うし、ユウヤさんは左足の爆弾が爆発して選手生命が終わっていたし、俺も体力には自信があったのに、帰りチャリを漕ぐのを考えたらすぐに心が折れました笑

駅員さんに聞くと、自転車はタイヤを1つ外せば荷物として持ち込めるらしい!これでケープタウンに帰れる!!キップR7、チャリ代R10。なぜチャリの方が高い!?!?

サイモンンズタウンの駅でお金を払いホームに出ようとしたところで、スタッフの衝撃発言「電車はこの駅には来ないよ」。City to City という大手のバスを利用してフィッシュホークという街に送迎してくれるとのこと。

フィッシュホークでバスから自転車を出すのに手間取っていると、僕らが乗るはずの電車がスススーっと動き始めて行っちゃった・・・。なんのための送迎ですか?クリスマスで95%の店が閉まっている町で1時間待ちぼうけ。

宿に着いたのが8時半。膝の痛みと全身の日焼けのヒリヒリを抱えての帰還でした。ついにやりきった!!チャリで喜望峰日帰り(電車は使ったけど)!!

僕たちの結論は、日帰りで行ける!と言い切ったチャリダーは「サイボーグ」だ、ということです。

ユウヤさんアヤコさん、本当にお疲れ様でした!!この最高の達成感と日焼けの痛みを共有できたお二人は絶対に忘れません!!2010年のクリスマスは喜望峰にチャリで行った!っていう最高の思い出ができました。



では後半戦の写真です。

PC250819.jpg
風が強すぎてこんなに斜めに。

PC250822.jpg
海岸とは少し景色が変わります。

PC250826.jpg
名前不明な動物がお出迎え。

PC250834.jpg
あの先に見えるのがケープポイント!見えた瞬間全身に鳥肌がたちました。

PC250840.jpg
展望台の下に到着!ここで自転車を置き最後の登りへ。

PC250862.jpg
ケープポイントにて記念撮影。風が強すぎて本当に飛べそうでした!

PC250864.jpg
上からみたケープ半島。一番左がかの有名な「喜望峰」英語名「The Cape of Good Hope」。

PC250852.jpg
都市の方角と距離を示す看板。もうここより南を指す表示はありません!

PC250868.jpg
喜望峰。アジア→中東→アフリカと周ってついに喜望峰にたどり着きました!

PC250869.jpg
帰りのバス内。無理矢理チャリ積ませていただきました。

PC260873.jpg
この状態で電車へ。

PC260879.jpg
電車内にも無理矢理チャリを積ませていただきました。

PC260892.jpg
帰ってきたケープタウン。
そーいえば今日はクリスマスでした。無事帰ってこれて本当に良かった。

PC260894.jpg
夜はパスタ&スープ&ビールで。この御飯がどれだけ美味しかったかは文章にはできません。


今回の旅でNo.1の無茶な「喜望峰チャリンコ制覇!」でした。
明日の日焼けの痛みと筋肉痛が今から楽しみです!!!!!

ではまた!!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。