ハナモゲラの世界一周ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルグアイへ日帰り旅行
<アルゼンチン・ウシュアイアからの更新>
<<1月3日のブログ>>


オラ!!今日はブエノスアイレスからラプラタ河を渡ってウルグアイへ行ってきました!!

行ってきたのはウルグアイ唯一の世界遺産、コロニア・デル・サクラメントという街。ここの旧市街の古い町並みが世界遺産。ブエノスアイレスからフェリーで3時間で行けるので日帰りで行ける場所にあります。



朝のフェリーは9:30出発。ゆっくり用意をしていたら時間が無くなってしまい、フェリー乗り場までダッシュ!!9:25に到着したものの向かう先はウルグアイ。チケットは買ってあったものの、もちろんチェックインと出国手続きもあり、船に乗る頃には9:30はとっくに過ぎちゃってました。

しかし船はなかなかに出発の気配を見せず、結局1時間遅れで出発でした。あんな走らんくても良かったやん!!遅れた俺が言うのもなんですが、南米はもっと時間にシビアな国だと思ってました。


無事フェリーが出発しそこからはデッキで三時間半。もちろん屋内に椅子もありますが、風が気持ち良いデッキにずっといました。

P1030750.jpg
でっかい帆船。

P1030759.jpg
船から見たブエノスのビル街。

P1030748.jpg
さようならアルゼンチン。国旗はウルグアイ。

P1030767.jpg
デッキの様子。船内ではタンゴショーをやっていたらしい。


14:00にウルグアイ・コロニア・デル・サクラメントに到着!聞くとこの街はアルゼンチンペソが使えるらしい。港から世界遺産の旧市街へは歩いてすぐ!

ってかこの時点で顔がヒリヒリ!風が気持ちよくて日差しの強さが気にならなかった!最近の黒さはハンパないっす。

P1040814.jpg
旧市街への入口!

P1040823.jpg
中へ入ると石畳の道が続きます!古い町並みに石畳が良く似合う。

P1040828.jpg
とりあえず灯台に登ってみます。

P1040834.jpg
景色は普通。この街が小さいことと、木が多いということは分かる。
この灯台の上で突風にさらされ、タイ・バンコクからトトのトレードマークだった麦わら帽子が吹き飛ばされました!ボロボロになるまで使っていたんであいつも本望だったと思います!!

P1040850.jpg
クラシックカーが映える街並。

他の旅人が「街並+クラシックカー」がいい感じと言っていたのがよく分かります!ただこの街にあるクラシックカーは動いていないものが多く、モニュメントとして多く存在していました。写真は最後にまとめてドバっと載せます。

P1040857.jpg
灯台近くで仲良くなったブラジル人。

このブラジル人・エドワード人は凄いフレンドリーに話してくれて、スペイン語が分らない俺にも一生懸命話してくれました。一緒に写真を撮ったりしてたら「座って話そう」みたいになって、近くの岩に腰掛けたのですが、まあエドワードの距離が近い近い。ラテンの距離間はこんなに近いんだーとか適当に考えていました。

しかし!!

この距離感は特別なものだと後で分かりました。

①喋る時やたらオレの太もも触ってくる
②写真を撮るとき恋人みたいに指をからませて手を握ってくる。
③執拗に俺たちのホテルを知りたがる。

極めつけは、

④太ももを触っていた手が次第にチ●コを触りだす・・・。

完全にゲイさんに好かれてしまいました!!


楽しく喋っていたので「じゃあバイバイ」とすぐ立ち去ることも出来ず。迫りくる彼の右手を必死に止めながら穏便にお別れ。世界には多くいると聞いていたゲイさん。初めてお会いできました!!貴重な経験ありがとうございます!!

気を取り直してコロニアの写真いきまーす!

P1040865.jpg
この街に多くあった花。壁伝いに生える幹がすごい。

P1040866.jpg
クジラの骨格標本が屋外に展示してあった。

P1040871.jpg
おとぎの世界のような土産物屋さん。

P1040875.jpg
道を覆うように生えた花。

P1040886.jpg
美しい並木。木の一本一本が大きい!

P1040915.jpg
遠くから見た灯台と街並。

P1040930.jpg
何故ここにコロンビアが!?!?って思うくらい唐突にあったコロンビアの店。大好きなアウトドアのブランドです。

P1040944.jpg
コスプレ写真屋さん。色々な衣装を着て写真を撮ってもらえます。入口が角にある珍しい造りがいくつかありました。

P1041012.jpg
ウルグアイ代表ユニを発見!
南アフリカW杯の三位決定戦で見せたフォルランのボレーシュートを見てから、絶対フォルランのユニフォームを買おうと心に決めていました!

P1041024.jpg
ショップのウルグアイ母子。

そんな感じでフラフラしていたら夜7時。と言ってもこっちは真夏なのでまだまだ明るいのです。20:01のフェリーに余裕を持ってフェリー乗り場へ向かいました。

フェリー乗り場に着きチェックインしようとすると・・・

「時差が1時間あるから今は20:30だ。もうフェリーは行ってしまった」

な、な、なんですとーーーー!!!!

それ先に言ってくれ!!知らんかった!!フェリー乗り場に着く直前「これがブラジルだったら時差1時間あるからアウトさったなー」とか話してたばっかりですわ!!

もう逆に笑えました。

俺らのチケットは帰りも高速ではない普通のフェリー。明日の朝6時くらいに来るらしい。

そりゃ無理っすわ!宿代払ってるし、コロニアご飯高いし、野宿って気分でもないし・・・。

「じゃあ新しく高速フェリーのチケット買いなさい」と。


もう観念して買おうかと思い値段を聞いた男性スタッフ。彼が救いの女神(男神)でした!!

「高速フェリーに乗れるようにしてやるからスモールマネーをくれないか?」


それって・・・

ワイロあざーっす!!

乗りたいです!チケット買いなおすよりも野宿するよりもそっちの方がいい!!

こっそり50ペソ握らせて高速フェリーに乗船できることに!!


いやー面白いこともあるもんだーとイミグレを通過、フェリーの目の前のチケットチェックのお姉さんに元気に挨拶してフェリーに乗り込もうとしたその時、

「ちょっと待って!!あなたたちのチケット20:01のチケットよ!」

はいーバレました笑

それもそのはず、新しいチケットを受け取っていたものの、時間の所はボールペンで直してあるだけ!!ワイロあげたのにお粗末な仕事やりよって!!

無線で連絡を取る女性スタッフ。ドキドキしながら待つ俺ら。

すると、

「通っていいよ。」

いいんですか?悪いことバレてるんすけどイイんですか??

そんなこんなで高速フェリーに乗れました。オレ達が乗るはずだった船より早くブエノスアイレスに着けちゃう!

一時間半でブエノス到着。一日歩きまわってクタクタでしたがこの日はまだ終わりません!!



フロリダ通りという昼間賑やかな通りを歩いていたら、怪しげなバーの勧誘のおばさんがいまして、何を思ったか面白そうだから行ってみようということに。

入っていくと色々な料金の御説明。適当に聞いて帰ろうと思ったらドリンクが出てきてしまった!

マズイと思って席を立つと300ペソのご請求。出口に立ちふさがる普通の男一人+でかいオバサン六人!!どう押してもビクともしません笑。体重差がありすぎる!!大声でまくし立てられ、ライターの火で脅かされ、本気で怒りそうになった時に、他のお客さん入ってきてくれました。

さすがに他のお客の前ではおとなしくなり無事脱出。あれがラテンのマッチョ2人とかだったら絶対勝てなかっただろうなー。

最後にもう1イベントありようやく宿へ。長い一日だった。

ウルグアイいい国でした!首都モンテビデオも行きたかった。南米は時間が足りないので動き出します!明日はパラグアイへ。ブラジルVISAをとりイグアスの滝→ブラジル・リオデジャネイロ→アルゼンチンへ戻る→パタゴニアへ、というルートです。楽しみすぎる!!



最後に今日見たクラシックカー特集です。

P1040852.jpg

P1040890.jpg

P1040891.jpg

P1040899.jpg

P1040924.jpg

P1040931.jpg

P1040932.jpg

P1040947.jpg

P1040958.jpg

P1040968.jpg

P1041006.jpg

P1041010.jpg

P1041011.jpg

P1041018.jpg

P1041028.jpg

P1041031.jpg

P1041035.jpg

P1041036.jpg

P1041038.jpg



クラシックじゃないものや車以外もありました。ごめんなさい!以上終わりです!!
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。