ハナモゲラの世界一周ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル入国
11月11日のブログです。

この日は移動の一日。でも旅人が遭遇する困難の一つ、イスラエル入国が待っているんです!

イスラエルという国は国際関係色々問題を抱えておりまして、イスラエルの入国スタンプがパスポートに押されると、イエメン・シリア・クウェート・レバノン・イラク・スーダン・サウジアラビア・リビアに入国拒否されてしまうのです!!

この点僕らは問題なし!中東観光をほぼ終えエジプトに抜けるだけなのでスタンプ問題は大丈夫。

逆にイスラエル入国の際にこれらの国のスタンプがあると、入国手続きに時間がかかります。スタッフの態度が非常に悪くなります。荷物検査や質問も多くなります。俺らシリアもレバノンも行ってる!!

イスラエル入国で「時間がかかった」という話は聞くけど「入れなかった」という話はほとんどないのでたぶん大丈夫だろうと陸路イスラエルを目指しました!


PB110423.jpg
イスラエル入国管理局。要塞みたいのを想像してたのが意外にシンプル。


この写真をとった直後に警備のお姉さんに怒られました。これから先一切写真を撮らないようにと。

まず荷物検査。

機械にバックパックと手荷物を通すと、バックパックを開けるように言われる。もちろん開ける。

次は青い棒状の何かでバックパックの中をゴシゴシ。薬物?火薬?何かをチェックしてる模様。異状なし。

何度か機械にバックパックを通し、パソコン機器が入る袋に目をつけられる。

「コードしか入っていない」と言って渡すと、「嘘をつかないで」と言われ満面の笑みで目覚まし時計を取り出す。こええ。

変圧器がお気に召さないらしく、城氏と警備員のお姉さんら数人で「あーだこーだ」。絶対そんな人数いらんでしょ!!

OKが出たらしく荷物検査終了。思ってたよりスムーズじゃん!!





次にスタンプ押してくれるお姉さんの所へ。

パスポートパラパラめくり簡単な質問から。ただ態度めっちゃ悪い!!

簡単な質問に答えていくと不思議な質問が来た。

「あなた本当に日本人?」

はあ!?!?!?!?

日本のパスポート持ってるベトナム人がいるか!!

「もちろん!その写真は私です」

と答えると、

「父親は日本人?」「もちろん」

「母親は日本人?」「もちろん」

「おじいさんとおばあさんは・・・」「日本人です!!!!」

「あなた本当に日本人??」

だから日本人の祖父母を持ち、日本人の両親を持ち、日本のパスポートを持っていて、日本語を使いこなし、先に通過した日本人の友人を持ち、どこに疑いようがあるんですか?????

「両親の名前をもう一度」「日本の住所を言いなさい」「日本の電話番号を言いなさい」

まあ色が黒いのは認めるんで、しゃーなし答えていくと困る質問が来た。



「日本の国際電話の数字は?」

「知りません」

「あなた日本に両親や友達はいないの??」

「メールで連絡とっています。電話はしたことありません」

「おかしいわね・・。」

もうお手上げです。どうしてもこのおばさんは俺をベトナム人かタイ人にしたいらしい。



また後ろで上司と「あーだこーだ」。ジャパンやらベトナムって単語が聞こえてきて、何度も写真と俺の顔を比べてみてる。


時間はかからなかったが精神的にキツイやりとりだった。

パスポートを預け待つように言われる。ホッとして次に来る旅行者を見てると、彼らは待つことなくそのまま通過!

コレがレバノン・シリアに行ってるか否かの違いか。俺らだって絶対待つ必要ないじゃん!!

待つ間もヒマそうなお姉さんがうろうろ。たばこ休憩もしてたし、おしゃべりだってしてる。どう考えても時間無駄にしてるでしょ。ただのいやがらせか?



そこで待つこと1時間30分。ようやくパスポート返してもらえて国境通過できました。

日本人としてのプライドを汚された気がしたイスラエル入国でした。





この後、エイラットという街に移動。自称この町のギャングのボスだという兄ちゃんのタクシーに乗る。

喋っていると「アラブはファックだ」とか言いまくるし、音楽は爆音ヒップホップだし、町並もガラリと変わって「リトル・カリフォルニア」に来た気分になりました。

国境超えるだけでこうも違うのか。





エイラットのエジプト領事館でVISAをゲット。

ヨルダンから入る場合は入国時にVISAを貰えますが、イスラエルからの入国だとシナイ半島の観光のみを認められたVISAしかもらえません。

2010年11月現在、1時間ほどで入手可能。


エイラットの海を見たりショッピングセンターいったりして、バスで首都エルサレムに向かいました。到着後なんとかPALMホステルという有名な日本人宿に到着。


そんな一日でした。なかなか疲れた。









スポンサーサイト
ベツレヘムはパレスチナ人自治区

<ジャンボ!ケニア・ナクルからの更新>
11月13日の日記。



今日はイスラエル郊外のベツレヘムへ行ってきました!!ベツレヘムはエルサレムから10kmほどの近郊にあり、イエス生誕の地として知られている町です。

が、

パレスチナ自治区でもあります。

エルサレムからこんな近い所にパレスチナ自治区がある。有名な観光地なので往来は簡単にできるものの、パレスチナ自治区との間には大きなコンクリートの壁がそびえ立ち通過にはパスポートが必要。

衝撃でした。

知識も無くただ「イスラエル」だとか「パレスチナ」だとか言っている僕ですが、「壁」という現実はアホでも分かります。

ショックでした。あまりに冷たい風景。

そして壁の向こうでは店の表記にアラビア語を用いていて(イスラエルはヘブライ語)、僕らの見慣れた西洋文化の多く入ったエルサレムとは異なりアラブ圏の空気が流れているように感じました。



長旅にでると宗教に興味を持つようになると言われます。

当たり前です!ならない人が逆に僕は不思議!

この目から、耳から、鼻から、宗教が自然に入ってくる。インドの時もそうでした。さすが聖地。

イスラエルはこの旅で最も深―――――――――い印象を受けた国になりました。


そしてやはり女性がキレイ。これも印象的・・・


では写真どうぞ!

PB130912.jpg
エルサレム旧市街・ダマスカス門からミニバスで15分、分離壁に到着。日本人でといっただけでチェック終了。

PB130914.jpg
壁通り抜け直後の一枚。
タクシーがふっかけてきますが歩いて行けます。30分くらい。

PB130918.jpg
パレスチナ側は落書きでいっぱい!その落書きも色々で面白い!

PB130921.jpg

PB130923.jpg
平和を願うもの、恋人への愛を誓うもの、ただの落書きお絵書き・・・
ほとんどが英語だがハングルや日本語も見ました。

PB130928.jpg
こんな写真もあり。

PB130936.jpg
ダビデの井戸。見るだけ1分で終了。

PB130944.jpg
イエスが父ヨセフと母マリアと住んでいた言われる家。今はホスピス付きの教会。
入れず入り口だけ写真で。1分で終了。
行きたかったベツレヘムの観光スポット2つが合計2分で終わってもーた!!

PB130947.jpg

PB130965.jpg

ここベツレヘムは街並みがすごくキレイ。石畳が続く道に所々見える教会の塔。白い建物が太陽に照らされてさらに白く見えます。観光場所は一つの丘に集中してて景色もなかなか。


PB130967.jpg
何かはかせてあげて!!こっちが恥ずかしい!


その後たどり着いた生誕教会!イエスが生まれた場所に建てられた教会です!びっくりするくらい大量のおっさんおばさん観光客が列を作ったんで並んでいると、
「お前たちはグループかアローンか?アローンならこっちだ。」
と警備のおっちゃんが別の入口から入れました。よく俺たちを発見してくれた!ありがとう!

PB130992.jpg
なかも混雑。速攻でトトを見失いました。

PB131027.jpg
地下も大混雑。ここがイエスの生まれた場所。

PB131025.jpg
PB131026.jpg
ココ!!ココです!!この写真とるのにどれだけ苦労したか・・・祈る人達は押しのけるわけにいかず、急がせるスタッフ神父さんもいて・・・。もっといい写真撮りたかった!!


他にもモザイク画や教会、絵とかいろいろあって見ごたえありました!

PB131039.jpg
次に向かったのがミルク・グロッドという教会。マリアの母乳がこぼれて岩が真白に染まったという逸話があり、建物全体も乳白色で統一されモダンな建築でした!嘆きの壁や聖墳墓教会、生誕教会などは印象が全部重くて、失礼かもしれないけどこの教会のライトな感じがすごく気持ちよかった。

PB131059.jpg
シスターが祈る姿が美しい!

PB131073.jpg
木の模様のガラスかと思いきや木は背景でした。狙ってましたね。

PB131086.jpg
屋上。教会とは思えません。

PB131105.jpg

PB131107.jpg

PB131108.jpg

PB131109.jpg

ベツレヘム観光終了です。これで13時前。宿に帰り少し休憩することに。

中東は観光&移動を繰り返しかなり忙しく少し観光に疲れてたみたい。イスラエルでは宗教の空気の重さも手伝ってか何かイライラしていた。最高に楽しむためには休憩も必要。トルコ~グルジアでは体調を崩しましたが、今回は心が疲れてた。

最高に楽しむためにはコンディションが大事。100%観光しきれても100%楽しみきれなきゃもったいない!!




と言いながら16時前に再始動w
身体も休まったし気持ちも切り替わったし、エルサレムを見たい気持ちが湧きあがってきた!!!

PB131141.jpg
ジオン門近くにミニコート発見!!

PB131149.jpg
ダビデ王の墓

PB131168.jpg
最後の晩餐の行ったと言われる部屋に生える一本の木。ダヴィンチの絵とは大違いの部屋。

PB131177.jpg
ジオン門は車が入れる唯一(!?)の道路。ギッリギリ通れる。

PB131185.jpg
鶏鳴教会

PB141252.jpg
夜の旧市街

身体も気遣って今日の晩御飯は野菜スープ!これで明日も楽しく観光ができるはず!明日はもう一日エルサレム観光です。

シャガールのステンドグラスをエルサレムで眺めてみる。
<ジャンボ!ケニア・ナクルから2度目の更新>
11月13日ベツレヘム観光も書いてますので読んでください。

11月14日のブログです。



今日11月14日は新旧エルサレム観光に行ってきました!旧市街では、ムハンマドが昇天した場所と言われる「岩のドーム」、マリアを祀ったエルサレム最大の教会「マリア永眠教会」。

新市街は旧市街の重厚な空気とは異なりショッピングセンターやホコ天のおしゃれ通りもあり華やか!!軽―く見て回ってきました!


PB141269.jpg
朝の旧市街での一枚
キリストが死ぬ前に歩いた道を十字架をかつぎ再現する人々。やはり旧市街は空気が重い!

PB141274.jpg
朝の嘆きの壁。ここも空気が重い!!

PB141279.jpg
岩のドームのある神殿の丘の内部
木陰でコーラン片手に何しゃべってるんやろか?

PB141288.jpg
これが岩のドーム!!青い青い!
中にはイスラム教徒以外は入れません!

PB141299.jpg
柱がそれぞれ模様が違ってオシャレ!

PB141307.jpg
美しい青タイル

PB141310.jpg
そこドアついてるんすね!!

PB141329.jpg
青タイル②
六角形の建物のそれぞれの面で色や模様が違う!!

中にはいれないのでさらーっと終えて次はマリア永眠教会へ。

PB141364.jpg
マリア永眠教会

PB141365.jpg
日曜日のミサですぐに入れない!最近こういうの多い気が!!
すでに行ったけど近くの最後の晩餐の部屋で休憩。

PB141377.jpg

PB141393.jpg
永眠するマリア像。ふーん。

PB141406.jpg
ちょっと面白いモザイク画!神聖な感じが全くなし!

PB141408.jpg
ザリガニモザイク!!もう最近モザイク画見まくりです!
ヨルダンのモザイク画は過去の遺跡ですが、エルサレムは実際に今も床に使われてます!!

PB141418.jpg
こんなお土産も。


旧市街をさらっと見終えちゃって午後は新市街へ!
ある病院にシャガールさんのステンドグラスが12枚も飾ってある、普段あんま芸術家とか興味ないんだけど何故か行きたくなりました!!絶対旧市街の重い空気が関係してるし。
ダマスカス門のバス停から19番バスに飛び乗り1時間ほどで到着。日本の大学病院にショッピングセンターを併設したような規模の大きい病院。ここの中のユダヤ教お祈りの部屋にあります。(5JD)

PB141438.jpg
中は普通の病院。

これがシャガールの12枚!

PB141439.jpg

PB141443.jpg

PB141444.jpg

PB141445.jpg



PB141451.jpg
芸術は全く分かりませんがこれがお気に入り。


次はユダヤ人のホロコーストの博物館へ向かうためバスへ。どこのタイミングで降りたらいいか分からないためバスの運転手に教えてくれるように頼んで席へ付く。

爆睡!!


無事終点のバス停へ着きましたw
何で起こしてくれんかったんじゃー!!といった所でもう戻れず!おっちゃんもすっかり忘れてたってさ。
切り替えて新市街を歩きまわろー!!

PB141471.jpg
工事中の路面電車。これが出来たら新市街そうとうオシャレやと思う。

PB151475.jpg
新市街の市場でイスラエルリーグ・ベイタルエルサレムのユニフォームゲット!写真は店内。

PB151476.jpg
欲しかったイスラエルナショナルチーム。

PB151487.jpg
オシャレ街では久しぶりにアウトドアショップ発見!

PB151490.jpg

PB151498.jpg
このブランド知ってます!?日本では知らなかった!!

PB151499.jpg
おっちゃんと店内。興味ある方一度探してみて!

PB151500.jpg
オシャレ通り

PB151517.jpg
ドナルドも撮ってみる

PB151522.jpg
ユダヤ教の方がかぶるナベ敷き・・・じゃなく帽子もオシャレディスプレイ。

PB151523.jpg
いっぱいありました。

PB151530.jpg
屋外スポーツカフェ。

これでエルサレム観光終了!!全然見きれてないけど満足です!ユニフォーム買えたし!!
エルサレムは今までで一番インパクト強かった!!疲れるけど。オススメです!!

テルアビブ観光
<ジャンボ!ケニア・キスムからの更新>
11月15日のブログです。



今日はイスラエル第二の都市テルアビブに行ってきました!

日本でいうと京都→エルサレム、東京→テルアビブに例えれるような大都市でした!!この街は「白い都市」として有名で、20世紀前半の建築や都市計画を逸することのできない優れた例証として世界遺産に登録されている所です。

僕らが泊ってたPALM HOSTELから新市街のバスターミナルまで歩いて30分程。バックパックかついで歩いていきました。

PB151550.jpg
途中オシャレストリートに寄り道。バイオリンとアコギの音楽が街の雰囲気をさらに盛りたてる。

PB151551.jpg
携帯片手に颯爽と歩くユダヤ教の人。かっこいい!!

PB151558.jpg
緑バナナと黄バナナ。最近の主食です。

PB151563.jpg
自転車屋さんもオシャレ。

PB151565.jpg
イスラエルのショッピングセンターはどこも厳重な荷物チェック。このバス停はショッピングセンター併設。



到着したテルアビブ・バスターミナル!空港みたいにデカイ!
世界最大の面積を持つバスターミナルだそうです。で荷物をパン屋であり荷物預屋でもある店に預けテルアビブの街へ。

写真中心でどうぞ!

PB151584.jpg
ホテルで働いてた時俺もやったわーと思いだしたポスティング。集合住宅のポストは助かります!!

PB151589.jpg
スケボー少年も現れた!もう自分が中東にいることは忘れましたw

PB151592.jpg
角が丸い建物。これもテルアビブの特徴の一つ。

PB151596.jpg
ディゼンコフ広場

PB151599.jpg
この広場交差点の上にあるんです!しかも道路が下がってて歩行者に優しい!街づくりのコンセプトを垣間見た気がしました。

PB151600.jpg
今日リンキンのライブ!!!!すごいタイミング!!場所どこ!?!?チケットあんの!?!?


ヘブライ語読めん・・・。しかも今日夜行バスでエイラット戻るんだった・・・。無理や。

PB151614.jpg
さすがモダンな芸術の街。

PB151620.jpg
これもテルアビブの特徴かな?一つでは何てことない家々なんやけど、街をずーーっと歩いてると雰囲気分かる。

PB151627.jpg
スケボーとチャリ。

PB151651.jpg
ビルが箱に!!

PB151653.jpg
地中海。

PB151657.jpg
こんな爺ちゃん婆ちゃんになりたい!


この後シャロームタワーへ。テルアビブ発展の様子やモザイクの大作があるんです。

PB161682.jpg
おじいちゃんオシャレ!

PB161716.jpg
おじいちゃん達オシャレ!

PB161695.jpg
こんなでかいモザイク画!!作者の熱意と情熱を感じます。


PB161726.jpg
イスラエルのオシャレ紙幣。

この後夜行バスでイスラエル・エイラットへ向かいます!次の日はエジプト!!犠牲祭という祝日なんだけど移動うまくいくといいなぁ~

以上!おやすみなさい!!


エイラット足止め
<ジャンボ!ケニア・キスムから二度目の更新>
11月16日のブログ。
11月15日、エイラット観光も書いています。読んでください。


 

まだ暗い時間にエイラットに到着し明るくなるまでバス停でもう一眠り。

8時の国境行バスに乗り国境へ。

さよならイスラエル!ありがとう!とか心の中で感謝してイスラエル側の施設に入ろうとすると・・・

向こうから手を振りながら来る兵士。

もちろん熱烈な歓迎なんかでは無かった。

「今日ボーダーは休みだ。」

・・・

は?国境が休み??ってか休みとかありえるんすか?

「エジプト側が犠牲祭で祝日だから今日は休みだ。今日の夜9時に再開する。」

この瞬間俺らのエイラット一日足止めが決定した。

そしてただでさえ少ないエジプト滞在が一日減った。

FUCKエジプト!





今日はたーっぷり時間あったんで日本に荷物を送りました。
エイラットから日本へ空路約200シュケル・所要時間3日or海路100シュケル・3カ月。

迷わず海路を選択しました。日本に着くか心配ですが、この心配は明日には忘れるの分かっているけど。


PB160006.jpg
荷物をつめるのを手伝ってくれたおっちゃん。

以上他に何もしていません。こんな日もある。

気を取り直して明日エジプト行ってきます!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。